CONCEPT

CONCEPTワークフロー

そのWebサイトの役割に応じたコンテンツと最適なデザイン、
機能をご提案させていただきます。

企画立案

お客様のマーケットへ理解を深めます。
Webをどう位置づけ、活用していくか?のビジョンを共有することからはじめます。

お客様からのオリエンテーションの内容を踏まえて、大まかなスケール感(ページ構成・サイト編集)、システム案をご提案します。

この時点でサイト全体の開発規模を見据えます。開発規模とは、何ページあるのか?というページ数のことではなく、どのような情報を収集・掲載する必要があり、それをどう編集するのか?目的を遂行するために必要な機能や特別な表現があるか?などのサイト構築のための検証から実作業までの全作業領域を差します。
まずは、お客様の事業内容やマーケットへの理解を深め、発信・訴求すべき情報が、お客様の顧客(ターゲット)にとって「魅力的な情報に成り得るか?」「使い勝手の良いWebサイトになるか?」を企画立案します。

このプロセスにおいては、Webサイト開発の目的設定や位置付けなどの骨子部分と、前述の開発規模、そして、公開後のストーリーをお客様と共有します。
マシマロ・ウェブ・クリエーションはお客様のパートナーとして、最適なWebサービスを提供するために、自分たちの立ち位置を見失わないことを心がけています。

編集・設計

アイデアを具現化するための情報収集・整理と情報の構造化を考えます。

立案した計画に基づいてWebサイトを具体的な設計に落としこみます。
訴求すべき情報の精査を行い、必要に応じて、取材や原稿の書き起こしを行います。サイト表現に磨きをかける写真などの装飾素材もこのプロセスで調達します。ページ単位での情報・デザイン仕様が見えてきます。

技術面では導入するプログラム・システムの設計を詰めていきます。それらを無理なく稼動させることのできるサーバーなどインフラ面の整備も開始します。CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)導入の場合は、運用後の実用性や更新性などを具体的に検証していきます。

Webサイトの編集・設計において重要なのは、情報を属性ごとに無理なくグルーピングし、ユーザーにきちんとサイト内を巡回させられる導線(ナビゲーション)設計です。優先的に導きたい情報は何か?そのページにどのように誘導するか?ユーザビリティとも言われる導線設計は「Webサイトの使い勝手」ということになり、その機能性次第でユーザーに快適な体験を与えられるか?そうでないか?が決まってきます。

デザイン・サイト構築

“Webサイト”として成立する表現・使い勝手を考え、機能を実装します。

設計仕様に沿って、具体的にWebサイトを構築していきます。
「目的・コンセプトはブレていないか?」「訴求内容に間違いはないか?」「設計通りの機能が実装されているか?」などをプロトサイトに落とし込みながら、視覚的な要素(デザイン)や操作性などについて、検証を繰り返し、構築を進めます。

デザインのお話だけすれば、マシマロ・ウェブ・クリエーションのデザイン指標は、あくまでも「Webサイト」として成立する表現・使い勝手です。専門家ならではのコーディング知識(xhtml+css)の裏づけを以って、デザイン/コーディングを進めます。当社デザイナーの職務領域は基本的に、Webデザインからコーディングまでです。Webデザインは、グラフィック面からユーザービリティ、内部要因的なSEOまで意識する必要があるため、デザインとコーディングを分業していません。
構築課程においては、デザインの格好良さ、最新の技術が導入されているか否かなどの価値観的なお話が、評価の指標になってしまい、プロジェクトにブレが生じてしまうことが少なくありません。しかし、プロジェクトの前半プロセスで、構築目的が設定され、それに準拠した形で計画/実行できれば、本来やるべきことを見失わずにプロジェクトを推進することができます。

Webシステム開発のプロジェクトにおいては、設計段階で決定された仕様に基づき、プロジェクトを遂行するために適したエンジニアが担当します。エンドユーザーが利用するシステムにおいてはユーザー目線でのテスティングを、業務効率化のためのイントラシステムにおいては、バックグラウンドまでを含め、実際にご利用される現場スタッフ様との協働作業も行います。

運用・プロモーション

お客様の事業の日々の発展に倣い、Webサイトにも改善が必要です。
企業価値を反映させる媒体として研鑽していきます。

本来設定した目的を遂行できるのは、公開後と言えます。公開後には、構築時に注目の浴びなかった箇所への新たな発見、実行し損ねた事の発見、または、社内外からの評価など・・・、いろいろなことに気付きはじめます。Webサイトを構築(リニューアル)することで、そのきっかけがつくられたと建設的にとらえ、公開をゴールと見立てず、改善をつづけていきます。

評価・分析を継続的にフィードバックすることによって、Webサイトはより良いものへと進化していきます。お客様が事業のマネージメントを継続し、さらなる発展を目指す上で、顧客(ターゲット)へ届けるサービス内容やメッセージのアナウンスが止まることはありえません。

マシマロ・ウェブ・クリエーションでは、Webサイトがお客様のリアルタイムを表現できるパーソナルメディアとして運用できるよう、アクセスログ解析、サイトプロモーション、メンテナンスなどのサービスラインアップで維持育成のお手伝いします。


PAGE TOP