SERVICES

SERVICESマルチデバイス対応サイト

多様化するモバイル端末の普及により、サイトを利用するユーザー環境にも変化が表れています。中でも、スマートフォンを利用したユーザーの閲覧数は着実に増え続けており、その最適化が無視できない状況です。

ユーザーの利用環境に合わせるレスポンシブウェブデザイン

現在、Webサイトはデスクトップ、スマートフォン、タブレットなど多種多様なデバイスで閲覧されています。
特にモバイル端末とソーシャルメディアとの親和性は高く、デスク前のユーザーのみを対象にWebサイトというメディアを捉えることはできません。
Webサイトをマルチデバイス対応する際の1つの手法にレスポンシブウェブデザインがあります。

レスポンシブウェブデザインとは

レスポンシブウェブデザインは、デバイス毎に合わせたページを作成するのではなく、単一のhtmlファイルを、CSS3 Media Queriesで制御し、ブラウザの横幅サイズに応じてページのレイアウトデザインを調整します。

合わせて、リキッドデザイン(サイズ可変デザイン)を説明すると、リキッドデザインは主にPCの画面幅に応じて横幅が拡大・縮小するhtmlレイアウトのことを指し、ブラウザの横幅サイズに応じて可変しますが、レイアウトは同一です。要素の表示・非表示の対応はできません。
レスポンシブウェブデザインでは要素の表示・非表示も含めてレイアウトが可変します。

レスポンシブウェブデザインのメリット・デメリット

メリット デメリット
  • ワンソースでマルチデバイス対応ができるため、コンテンツを一元管理できる
  • URLを一本化でき、SEO効果も高いと言われる
  • 画面の幅によってデザインを変えるため、端末に依存しない
  • レイアウトやデザインの自由度が低い
  • デバイス別のUI最適化に不向き
  • スマートフォンサイト表示の際の軽量化が困難
  • コスト安という言われ方もありますが一概にそうは言えない


PAGE TOP